MENU

義歯・入れ歯治療

入れ歯のための環境づくりから

入れ歯のための環境づくりから

かわの歯科クリニックでは、自費・保険治療どちらの入れ歯治療も承っております。
もちろん、患者様のお声やお悩みをしっかりとお聞きした上で治療にあたりますが、当院で何よりも大切にしていることは、“入れ歯治療の目的や意味をお伝えし、口内環境を整えること”です。
入れ歯は、残っている歯やあごを守るために使われます。
そのため、入れ歯を装着する前には必ず口内環境を整えることが先決となるのです。

自費による入れ歯をご希望の患者様については、まず保険の入れ歯を装着した状態で“ちゃんと噛める”ようになること、そのために口内環境をしっかり整えることをお勧めしています。
そうすることで、自費治療で入れた入れ歯の効果が発揮されるためです。
少しでも気になられる方は、お気軽にご相談ください。

入れ歯の種類について

総入れ歯

総入れ歯は、歯にあたる部分(人工歯)と歯茎にあたる部分(床)の二つの部分で構成されています。
保険適用で作るものは床がプラスチックであることが多く、自費で作るものは床の素材をコバルトクロムやチタン、シリコンなどで作ることが可能です。

部分入れ歯

部分入れ歯は、歯を失った部分だけに入れ歯を入れ、噛む力を支えるものです。
残っている歯とのバランスを考えながら設計しなければならないため、かなり精密な設計が必要になります。
ですが、しっかりと入れ歯が合えば装着中に動くことなく、残っている歯との負担を分散できるため、問題なく噛むことができるようになります。
部分入れ歯をご検討の際には、ぜひご相談ください。

当院で扱っている材質

ゴールド床

金、白金を使用した入れ歯で、比較的体に優しいものです。

チタン床

チタンを使用しています。
アレルギー反応を起こしにくいことが特徴です。

コバルトクロム床

金属の入れ歯の一種です。
チタンレベルの軽さであり、たわみに強い素材です。
費用負担が少ないことも特徴です。

シリコン

歯茎にあたる部分をシリコンにしているため、痛みを和らげるなど負担軽減になります。
比較的安しており、外れにくいのが特徴です。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーは、金属バネのない入れ歯のことです。
入れ歯を入れていることが目立たないことから人気を得ています。
近年、お問合せが増えています。

歯科技工士との連携で最適な入れ歯作りを

技工士

当院では、常に歯科技工士と連携をとりながら患者様に最適な義歯作りを行います。
基本的には保険診療で作れるもので状態を整えた上で、自費による義歯をご希望の方にはさらにご提案をさせていただきます。

 

top
0936188520 お問い合わせ page top

電話

093-618-8520

診療受付時間

完全予約制 日祝
09:00 - 12:30
14:00 - 18:30