歯周病治療

Periodontal Disease

歯周病治療|八幡西区のかわの歯科クリニック|土日診療の歯医者

〒807-1144 福岡県 北九州市 八幡西区 真名子2丁目4−1
093-618-8520

歯周病治療|八幡西区のかわの歯科クリニック|土日診療の歯医者

歯周病治療Periodontal Disease

歯周病の進行

軽度歯周病

軽度

歯ぐきに炎症が起き、歯との間「歯周ポケット」が深くなります。痛みはまだありませんが、ブラッシング時に出血することがあります。

中等度歯周病

中等度

炎症が深まり、歯周病菌が顎の骨にまで達しています。歯周ポケットが深くなり、歯はグラグラしはじめます。

重度歯周病

重度

顎の骨が半分以上溶けています。
歯周ポケットがかなり深くなり、歯はグラグラに。歯ぐきからは膿が出て口臭も増します。ここまでくると、最終的に歯は抜け落ちてしまいます。

歯周病の治療の流れ

1.基本治療

歯周病の進行の程度にかかわらず、初めに行われるべき治療が歯周基本治療です。原因である歯垢(プラーク)の除去および歯石の除去、歯の根の面をきれいにする、ぐらぐらする歯の噛み合わせの調整などです。歯垢の除去をプラークコントロールといい、そのほとんどはご自宅でのセルフチェックとなります。 場合によっては、歯科医院で器械的に行うこともあります。
スケーリングは、歯の表面や根の表面の歯垢歯石を器械で取除く事です。ルートプレーニングは、歯の表面がざらざらしたり、歯石がついていたりするので、毒素や微生物で汚染された表層を除去する方法です。
また、歯周病の進行に伴い歯は動いてきますが、動いている歯で噛むとさらに負担が増すため、その負担を軽くするために歯を削るなどして噛み合わせの調整を行います。それでもぐらぐらして噛みづらい場合は歯科用の接着剤で隣の歯と接着し、歯の動きを抑えていきます。これら基本治療により歯周組織が改善され、歯と歯茎の間(ポケット)の深さが浅く(2~3mm)維持されればメインテナンス(定期検診)に移行します。

2.外科治療

基本治療で一部ポケットの深さが改善されず、ポケット内で細菌が生息し、ブラッシングで除去できない状態や、歯周病の進行が進んでしまった状態に対して外科的にポケットの深さを減少させる手術があります。
また、特殊な材料を用いて部分的に失われた骨を再生させる手術(再生療法)を行う場合もあります。手術はそれぞれの病態にあった方法が選ばれます。
ポケットが改善されれば、メインテナンスに移行します。

外科治療

ブラッシング

ブラシの毛先があたっていなければ、プラークはとれません。自分では磨いているつもりなのに磨けていない人のほとんどが、磨きたい所に毛先をあてられない人なのです。

 

磨き方のPoint

Pointを確実に

1.Pointを確実に

毛先を磨くPointに確実にあてましょう。最初は、鏡を見ながら毛先がとどいていることを確認するのも良いでしょう。

動かし方は?

2.動かし方は?

小さく横にでも、縦にかき出す様にしても、円を描く様にしても、良いと思います。要は、歯と歯肉を傷つけることなくプラークを落とすことができれば良いです。

軽く磨く

3.軽く磨く

力を入れて磨くと歯ブラシの毛先が開いてしまいプラーク(歯垢)が落とせません。さらには、歯や歯肉を痛めてしまいます。力の目安は、毛束がまっすぐなまま歯面に当たる程度で良いです。

細かく動かす

4.細かく動かす

毛先を使って磨く方法がプラークの除去には効果的です。ついつい大きく動かしがちですが、歯には凸凹があるため小刻みに動かさないと、引っ込んだ所には毛先がとどきません。特に、裏側や歯と歯の間を磨く時は、大きく動かすとせっかく入った毛先がでてしまいますので注意して下さい。

丁寧に磨く

5.丁寧に磨く

プラークは粘着性が高いため、2回~2回歯ブラシを動かした程度では落としきれません。そのため、1ヶ所につき10回~20回ぐらい磨きましょう。また、1日に最低1度は、時間(5分以上)をかけてゆっくりと隅々の歯垢を取り除いて下さい。可能であれば、毎食後磨くことが理想です。とくに、寝る前に丁寧にゆっくりと磨くことが効果的です。